リフォームで新たな住まい創り〜便利にCHANGE〜

Interior construction

現場をチェックする

工事中に顔を出すメリット

綺麗な家に住みたい、快適な家に住みたいと思いリフォームをする人が多いでしょう。ですから、本当にその要望にこたえれるようなリフォームをしてくれるのか不安になることもあるでしょう。どんなに評判がよく優秀なリフォーム業者でも、勘違いということはあるものです。とくにリフォームは、営業マンを仲介としてのやり取りが中心となるので、コミュニケーション不足が不安材料でしょう。これを無くすためにも、工事中に顔を出す工夫が必要でしょう。直接現場の人と話をすることだけでも違ってきます。現場の人も依頼主と面識があるだけで、少しでも良いものを提供しようとするかもしれません。また、自分の要望とは違うのであれば、すぐに営業マンに伝えると対処してくれるでしょう。

お客様のニーズにあうもの

リフォーム業者はお客様のニーズにあったサービスや商品を提供することに取り組んでいます。普通だと思うかもしれませんが、昔は造れる家を提案してそれを望む人を集めていた傾向があるのです。いまはその逆なので、お客様の提案や要望を反映させることを基本としています。もちろん何でも対応できるのも、技術もあがっているからこそかもしれないです。また、リフォーム自体がトレンドですが、時代にあったものが必要とされています。これからは少子高齢化の時代へ移り変わっていきます。手すりをつけたりバリアフリーにしてお年寄りにやさしい家はありました。今はその一歩先をいく介護のできる住宅造りに力を注いでいます。それも、介護においてはきちんと医師や作業療法士の意見を交えながら、日々開発に力を入れています。

このエントリーをはてなブックマークに追加