リフォームで新たな住まい創り〜便利にCHANGE〜

Interior construction

自分の希望を大切に

金額より自分の一番の希望

リフォームの金額や価格などは当然重要なものです。市場は需要と供給の関係で成り立っています。でも、ある程度の金額であるのであれば、そこまでこだわる必要もないと思います。洋服やアクセサリーでもそうですが、高いものはとてつもなく高いですから、お金が余ってない限りなかなか買う人はいないでしょう。自分の払える範囲で買うものを決めるでしょう。リフォームも同じで、自分の望むものを自分が買える範囲で決めていくのです。優先順位を決めておくといいでしょう。例えば、お風呂を一番重要視しているとか、主婦であればキッチンを満足いくものにしたいと決めるのです。実際に全てを満足させたという人は少なく、どこかを妥協することもしているのです。ただ、それは総合的にみるとリフォームとしては満足しているものとなっているのです。

リフォームからリノベーションへ

リフォームという言葉は最近かもしれませんが、リフォームは昔からありました。基本は壊れたところをなおして、もう一度使えるようにすることなのです。住宅リフォームでは、長年の建物の老朽化や設備の老朽化により行うことが多いでしょう。数十年前までのイメージは、修理と一言で言ってもいいくらいでした。今は技術の向上もあり、新築並みに戻してくれると言っていいでしょう。それくらい今と昔では違うものとなっています。最近ではリノベーションという言葉も出てきています。これはリフォームの上をいくもので、住宅の機能も今の時代にあったものにすることなのです。今はリフォームと区別無いような感覚で使われているので気にすることはないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加